お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

「縞鋼板」と「アルミ縞板」の違い

「縞鋼板」と「アルミ縞板」の違い

アルミ縞板

一般的に縞鋼板とは様々な金属のチェッカープレートの総称として使われております。その為「鋼板」と名前が付いていますが、アルミも「アルミ縞鋼板」と呼ばれたりすることもあります。 実は鉄の縞板とアルミの縞板とでは金属としての違い以外にも様々な違いが存在します。



<鉄の縞板とアルミの縞板の違い>


(規格)
鉄の縞板とアルミの縞板では、一般販売されている規格寸法に違いがあります。それぞれの寸法に「4×8」(シハチ)と呼ばれる寸法があります。

・鉄の場合   「幅:1219mmx長さ:2438mm」
・アルミの場合 「幅:1200mmx長さ:2500mm」

と大きさに違いがあります。  また板の厚みについても、アルミは「3.0」や「3.5」など小数点値が「0.5」のみですが、鉄には「2.3」や「3.2」などの規格品があります。


(縞目)
主に滑り止め用として使われています。

・鉄の場合   「1本線」
・アルミの場合 「5本線」   が一般的なものとなります。


(性質)
金属としての性質の違いでは、アルミは鉄より「1/3軽く」、「酸化しにくい」等の性質を持っております。鉄はアルミよりも「高強度」です。 その為、「軽量化目的」であったり「濡れやすい屋外でのご利用」の現場向けには、アルミ縞板をご利用されることをお勧めしております。


アルミ縞板取り扱い一覧はコチラです。

縞板のご相談は、いつでもお受けしております。
お問い合わせフォームやフリーダイヤルにてご連絡をお待ちしております。












まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ