お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

ベース ⑧『アルミ材の選定指針』

ベース ⑧『アルミ材の選定指針』



⑧『アルミ材の選定指針』
1.純アルミニウムを利用
まず他の金属がほぼ混ざっていない純アルミと言われるアルミで対応可能かを検討していきます。
アルミは純度が高いほど耐食性が強く、強度が必要でなければこのアルミ材を選んでおけば大丈夫です。
純アルミニウムは、A1050やA1100が一般的です。​​​​主に器物や建築用材料として使用します。
また、A1100アルマイト付の板材が市販されており、これを使用することで、加工後の表面処理を省くこともできます。



2.汎用的なアルミ合金を利用
純アルミよりも、もう少し強度が欲しい場合、次は市販に流通しているアルミ合金で対応可能かを検討していきます。
板材はA5052、丸棒はA5056、形材はA6063が多く利用されており、お手頃な価格で購入可能です。



3.汎用的なアルミ合金では条件を満たせない場合
純アルミや一般材ではご希望の条件が満たせない場合、別の合金で満たせないかを考えていきます。
例えば強度が足りない場合は、A2017やA7075などの強度が高い合金。溶接性が必要なら、A5083やA7N01などを検討していきます。



まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ