お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

ベース ⑦『日本のアルミニウムの歴史』

ベース ⑦『日本のアルミニウムの歴史』



⑦『日本のアルミニウムの歴史』
1886年、ホール・エール法によりアルミの工業用材料としての基礎ができあがり、電解製錬が始まりました。 日本では1919年にジュラルミンが製造開始されてから、航空機の生産に多く利用されました。
アルミは鉄より軽い為、機体部分に必要であり、零戦などの機体材料として需要が高まりました。
戦後では、日用品・家電の普及により需要が拡大。
1970年代はアルミサッシなどの建材需要、自動車、陸運関連の需要が増加。

現在では、日本のアルミ新地金の消費量は世界第4位の地位を占めており、 家庭用品や土木建築、輸送機、船舶、電気通信機、産業機械と幅広い用途で利用されております。
用途別需要としては輸送、建設、容器包装が3大分野で全体の約3分の2を占めております。



まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ