お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

ベース ④『アルミの基本的な13の特性について』

ベース ④『アルミの基本的な13の特性について』



④『アルミの基本的な13の特性について』
①軽い

アルミニウムは鉄・銅と比べて1/3の軽さです。
その為、主に軽量化の目的でよく利用されます。



②強い

アルミは合金の種類や、熱処理等の加工をすることで、強度を向上することができます。
その為、用途に応じて必要な強度のものを選ぶことができます。



③加工性が良い

アルミは薄い箔から板・棒状など様々な形状に加工することができます。
また、精密加工も可能なため、他の金属と比べて加工しやすいのも特性です。



④耐食性に優れる

アルミは自然に酸化皮膜を生成することで腐食を防ぎます。
その為、鉄のような赤さびが発生することがございません。



⑤表面の美しさ

素地のままでも美しい銀色をしております。
また、表面処理により表面光沢を保持したまま、耐蝕性・耐摩耗性を向上させることができます。



⑥再生しやすい

アルミは他の金属に比べて、スクラップ再生が容易であり、
品質も新品とほとんど変わらない為、省エネ資源として有効的です。



⑦電気を良く通す

銅と比べると約60%程度の伝導率の為少し劣りますが、比重が銅より約1/3程度なので、銅の半分程度の重さのアルミで同量の電流を通すことができます。
最近ではワイヤーハーネスやCVケーブル等で軽量化や曲げやすさから利用さるようになってきております。



⑧磁気を帯びない

外部磁場にほとんど影響されず磁気を帯びない性質があります。
その為、パラボラアンテナや電子医療機器など非磁性が必要な電気機器の材料としてよく利用されます。



⑨熱伝導性が良い

アルミは熱伝導性が良く、熱しやすく冷めやすい素材です。
また比重も軽い為、放熱材やエンジン部品、冷暖房装置などに用いられます。



⑩反射性に優れる

純度の高いアルミニウムは光線、電磁波、熱線をよく反射します。
その為、反射性が必要な照明器具、反射板、宇宙服などに利用されます。



⑪低温特性

鋼鉄と違い、-200℃でも脆性破壊がなく低温に強いことも特徴です。
アルミニウムは温度の低下によって強度が増していくため、低温プラントやLNGタンクなど低温で利用されるものに用いられます。
また近年、バイオテクノロジーなどの最先端技術でも注目を浴びています。



⑫鋳造しやすい

アルミニウムは融点が鉄や銅より低く、鋳造しやすい特徴があります。
その為、薄肉や複雑な形状の加工物を生産することが可能です。
自動車部品や産業機械部品など幅広く利用されております。



⑬毒性がない

アルミニウムは無害・無臭です。
また食品類との反応も無い為、食品・医薬品の包装、飲料缶、医療機器など私たちが日常で利用するものにも多く用いられます。



まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ