お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

ベース ③『アルミと鉄の比較について』

ベース ③『アルミと鉄の比較について』



③『アルミと鉄の比較について』
「耐食性」

(鉄)
酸化反応が活発なため錆の進行が早いのが特徴。
対策として表面を空気や水分と絶縁する塗装やメッキが必要となります。

(アルミ)
表面に酸化皮膜を形成するため、酸化が進行しにくい性質持ち、
さらにアルマイト処理をすることで耐食性を上げることが可能です。
しかしアルミは水分や異物が付着すると腐蝕が進行します。
そのため水気があるところでは対策が必要です。

具体的には鉄と同様に塗装による絶縁等が考えられます。
塩害発生地域の様なより厳しい環境によっては
高い耐食性を持つステンレスを選択することもあります。

価格面では、鉄<アルミ<ステンレスが一般的です。
価格とどこまでの耐食性を必要かを検討して選ぶ必要があります。




「重さと強度」

アルミの比重は鉄の約1/3の為、重さについてはアルミが軽いことになります。
同一の体積の場合は鉄の方が剛性は勝りますが、同一の重量とした場合、
アルミはより大きい断面積を得られるので、軽量化を図ることができます。

鉄をアルミに置き換えた場合、概ね30~50%軽量できるため、軽量化に適しております。
但し、比例して鉄よりもコスト高となる事が多いです。




「熱伝導」

アルミは鉄と比較して4倍以上の熱伝導率があり、非常に熱を通しやすい性質です。
そのため、放熱の用途に使う際はアルミが適しています。
例えば、手すりの素材がアルミだと放熱することであまり熱くなりません。
但し、​​​​​​温度変化に対して2倍の熱膨張があるため、高い温度を放熱し、
熱膨張で悪影響が出るところには注意が必要です。




まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ