お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

ベース ⑨『板巻管について』

ベース ⑨『板巻管について』



⑨『板巻管について』
板巻管とは、アルミの板をロールベンダーという機械で筒状にしてできる管です。
主に自動造管機では難しい長尺・大径のパイプ製造に向いております。

①板巻可能なアルミ合金
基本的にアルミであれば大体は曲げ加工が可能です。
ただし、2000番系や7000番系は種類によって溶接できない為、溶接以外の接合になる場合があります。



②製造範囲(目安)
製造にはベンダーロールを用いて板を曲げるため、希望寸法がφ200mm以下ですと曲げるのが難しくなります。
(製造の目安)
・外径:φ200~500
・長さ:500~1000
・板厚:0.6~3㎜
製作可能のラインの目安であり、外径が大きくなれば、長さ・板厚も大きくすることができます。



③用途
主に建材や容器に利用されます。



まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ