お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ お電話でのお問い合わせ 0120-163-256

加工事例 偏芯アルミ丸パイプ製作へのチャレンジ!

加工事例 偏芯アルミ丸パイプ製作へのチャレンジ!

/wordpress/wp-content/themes/nikkal/images/hensin_pipe.jpg

『アルミ丸パイプの内径に対して 外径の芯がズレたものを製作したい!』
とのお客様の要望をお聞きして、あれこれ思案をしました。

(仮に外径25mm、内径23mmとして、内径の中心から0.5mm程度 外径の円の中心位置を
ずらすような格好で製品を作ろうとする感じです。 ※実際の寸法ではありません)

これがなかなかに難しいんです。。。
鉄ならば、加工方法もレパートリーが多く、製品そのものに硬さ(剛性)があるので、
まだ条件良く製作対応できるのかもしれません。。。
これがアルミとなると素材自体が柔らかいため精度も安定しなく、
どの加工方法が良いのかずいぶん悩みました。


一般例で 押出ならば… 上記の形状、押出は可能です。
内外径精度は±0.3mm程度で、偏肉であってもギリギリまっすぐ押し出せそうな感じです。
引抜ならば…仕上げる製品の断面や肉厚は均等であることが条件のため、 理論的に不可能でした。

本製品の精度を高めるためにあれやこれやと思案した結果、
機械加工で一度トライをしてみようという考えに至りました。

素材は丸棒、加工機は複合旋盤(旋盤機能+フライス機能を備えた機種)を選択。
中心に穴をあけ、内径を軸として刃物を垂直にアプローチ。

ワーク(製品)を一周する
①回転移動
②刃物の上下
③前進移動    
3軸の同時制御による加工方法。

ちなみに、仕上がり面の粗さを意識した際、 端部から5mm削るのに30分を要しました。
試作品にトライしてみた結果、これならば±0.05mmほどの精度も出せるのではないかとの 手応えを感じています。 内径基準での加工検討でしたが、製作方法は様々あると思います。
解法は無限大。
シンプルなのに、実は難しい加工品についてのワークケースでした。

まずは無料お問い合わせ アルミニウムの専門家が迅速に対応いたします

ご使用用途 お探しの形状・サイズ ご希望納期などお伝えください!
お電話でのお問い合わせ

Free Dial 0120-163-256

9:00~11:59 13:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
メルマガ登録 お問い合わせ