アルマイトとは | アルミ加工(塗装)処理

アルマイトとは | アルミ加工(塗装)処理

アルマイトとは

アルマイトについて

アルミニウムはやわらかく、錆びないイメージがありますが裏を返せば傷つきやすく、すり減りやすいとも言えるものであり、また腐食もします。
そのため、表面を保護する処理が必要となり、その表面の仕上げの方法として現在広く活用されているのが、アルマイト処理です。

アルマイトによるメリット

・耐食性、耐磨耗性、滑性の向上
・電気を通さない(絶縁性)
・装飾性アップ

錆びずに傷つきにくくアルミの表面を保護する効果を得られる、それがアルマイトの一般的な特徴です

アルマイト処理の方法

アルマイト(陽極酸化皮膜処理)は、電解液の中にアルミ材料を一定時間入れ、電流を流し、表面に均一に酸化皮膜を形成させる方法です。

元来、アルミニウムは大気中(空気にふれる部分)において、酸素と結合して安定化しようとする性質があります。その変化によってアルミニウムの表面は薄く保護される状態となり、錆びにくいまたは錆びないものというイメージを持たれてしまっています。ただし、その厚みは非常に薄くかつ均一ではないので、環境次第によって腐食してしまうものです。また見た目も良いものではありません。
そのために、人工的に化学処理を行ってアルミニウムの表面に均一に酸化皮膜を形成させ、製品内部のアルミニウムを保護するとともに、見た目の変化を防ぐことを実現するべく処置する仕上げ方法としてアルマイト処理が現在、広く一般に認められ活用されている次第です。
最たる成功事例が、身近なところで私たちの生活空間を日々守ってくれているアルミサッシ(窓枠)です。アルミサッシは表面を酸化皮膜によって保護されることで、10年20年の使用に耐える実績を残しています。
その性能を活かした製品を、わたしたちはアルマイト処理品として取り扱っております。

アルマイトの施工例

0120-163-256

お気軽にご相談ください


お気軽に お問い合せください。
TEL:0120-163-256
FAX:03-5735-2971

ご相談、お見積は無料で受け付けております。
手続きなく請求書で掛け払い、できます。